グリーフ

自ら命を絶つ方法を本気シュミレーション!「やっぱり死にたくない」と感じる3つの事実と面倒な事前準備

suicide_命を絶つシュミレーション_痛い_苦しい_生きたい
     

ぼくのブログには、遺書の記事を訪ねてきてくれる人が一定数います(*’ω’*)。

 

あわせて読みたい
Grief care_遺書のすすめ
【例文晒す】えっ?まだ書いてないの!?遺書は、グリーフケア効果のあるラブレター。時間も場所も超えて、どんどん愛が深まるマジックアイテムです。      ぼくは前々から遺書を書きたいと思っていました。 理由は2つあります。 人間って、突然、嘘みたいにあっ...

 

ぼくの見立てでは、見に来てくれた人たちは、2つのタイプに分かれるでしょう。

ピース

※勝手な憶測です(*’ω’*)!

  1. 遺す人へ向けた素敵な遺書を書きたいと思っているひと
  2. 自ら命を絶ちたいひと
よめ
よめ
更に勝手な邪推を深めると、割合としては半々と見ています(*’ω’*)。

 

 

ちなみに、ぼくは年齢の割りに、死と向き合う機会が多いと自負しています(*’ω’*)!

ペストマスク

【悲しい死にあふれる機会の多い、ぼくのリアル】

  • ナースや医療人とのつながりが多く、余命と向き合う様々な理不尽ケースについて、日常茶飯事のように耳に入ります。
    ※ケースやシーンだけです。個人情報を聞くことはありません。
  • ぼくは、精神を病んだ親友の焼身自殺をとめられなかった不甲斐ない過去があります。

TVなどでは、病気や死をテーマにしたドキュメントが流れますが、それほど珍しくもなく、もっと辛辣不合理なドラマは、本当にたくさんあります。

 

たくさんのケースを見た上で、あえて誤解を恐れずにいうと、ぼくは、自ら命を絶つことに決まりきった否定も肯定もできないなと感じています(*’ω’*)。

よめ
よめ
色んなケースがあるからこそ、チープで画一的な倫理観で片付けられる問題ではないんですよね。

 

また、一方的に押し付けられた望まない死自らトリガーを引いた死は、状態から言えば全く変わりません。

そして、人の命はすべからず重くて尊いものであることも、紛れもない真実です。

ハート2

 

よめ
よめ
少なくとも、自分の命の価値を決めるのは、自分自身ではない(*’ω’*)!

 

 

なので、死を知らない若者が「ぶっころす」とか、「死ね」という言葉を使うのを目の当たりにすると、胸がざらつきます。

 

死に触れたことがないからこその発言なんだろうとは思いますが、わが身に降りかかると、どのような形でも辛いですよ(*’ω’*)。

 

そして、安易に「死にたい」という発言をするひとにも、胸がざらつきます。

 

そこまで思いつめる経緯や背景はそれなりにあるのだと思いますし、ぼくに解消できるとも思えませんが、自ら命を絶つことのシュミレーションならぼくにもできるかな。と思いました。

 

そして、思いつめているひとの参考にでもなればと思い、自ら命を絶つというシーンについて改めてまとめてみましたので、興味のあるひとはご一読いただければ幸いです。

 

ちなみに結論は次のとおり(*’ω’*)!

  • 自殺ってリスキー
  • 死に向かうのは一人だけど、自分の身体の処理には第三者の助けが必須

 

よめ
よめ
今のぼくの精神状態だと、自ら死を選ぶという選択肢はデメリットしかないですね

 

命を絶つことで得られるもの

ずばり、何もありません(*’ω’*)。

 

ぼくは、死後の世界を信じていませんし、みたいなものになってそのあたりを浮遊している状態も理解できません

ぼくの理解では、ひとは死ぬと消滅します。

 

 

【死ぬということ】

  • というのは、すべてが終わることです。
  • 10になることです。
  • 辛いという感情痛み思考のすべてが停止することです。

 

存在するだけで心が辛いひと、末期症状痛みしかない時間を過ごすしかないひとには、辛さや痛さに耐える必要がなくなることでもあります。

肉体的苦痛を日々耐え続けなければいけない人には、切実な問題ですよね。

 

 

まれに、「楽」になりたいという事を言う人がいますが、死ぬことによって「楽」にはなりません。

死ぬと「楽」感じることもできませんから、状況の対比なんてできませんし。

 

 

よめ
よめ
結局、死ぬことが、ひとにプラスをもたらすことは一切ないと言えます。

 

 

だからこそ、死後の世界を想起させる宗教や思想は、死に際のひとの助けになりえますし、間際の不安は幾分和らぐと思います。

対して、ぼくのような無宗教家には、夢も希望もありません。

よめ
よめ
二度と再起動しないパソコンの電源を切るのと同じ行為なので、死ぬという事にはとても勇気がいります

 

死に至るまではもれなく苦しくて痛いという事実

死ぬことによってプラスになるものはないと思っていますが、人間の価値観は一方面から見た損得だけでは計れませんよね。

天秤

 

常にマイナスだと思っているひとは、もしかすると「0」にできるだけでも相当のメリットを感じるかもしれません(*’ω’*)。

 

そんな「自ら命を絶つ」ための方法をぼくなりに考えてみたのですが、健康な人が「死」という状態を実現するのは、意外と大変です。

 

そして、どんな方法をとっても、死という状態に至るまでは、苦しかったり痛いものがほとんどで、とてもビビります(*’ω’*)!

 

溺死

水滴1

昔の身投げは、海での溺死が多かったようです。

ちなみに、個人的に溺死だけは断固拒否したいです。

 

ぼくの田舎で泳ぐといったら、川や海なのですが、小学生低学年の時に、高学年のおにぃちゃんから足を引っ張られるという危険な遊びの的にされ、ぼくは溺れかけました。

はっきり言って溺れるのは苦しいです。

正直、軽いトラウマだったります(*’ω’*)!

 

また、ぼくは喘息で死にかけた経験がありますので、呼吸障害苦しさや恐ろしさは身に染みています。

本当に、ただただ苦しいですし、恐怖です。

 

ぼくが自ら命を絶たねばならないとしても、水死だけ絶対に選びません

 

 

首つり

呼吸を止める死に方に見えますが、止めるのは呼吸ではなくて、脳への血流です。

うまくいけば即効性の麻酔並に、一瞬で気持ちよくイケます。

ぼくは自殺したことはありませんが、武術の練習で落とされた経験はあります(*’ω’*)!

 

ただ、素人がソロで首つりする場合、頸動脈ではなく気道を押さえてしまうことは珍しくないでしょう。

 

そうすると、地獄の苦しみにあえぐことになります。

一瞬で頸動脈のロックが決まらない場合、長い時間をかけてもがき苦しみながら目的を達成するしかないです。

また、暴れた拍子に縄などが切れて失敗するケースもよく聞きます。

 

 

飛び込み

体当たり

男性が選ぶ自殺には飛び込みは多いようで、結構な確率で死ねるようです。

電車や車に飛び込む恐怖心はいろんな意味で甚大ですから、遺す家族がいるぼくには、ちょっと難しい選択です。

 

 

その一面は、間違いなく公共機関への賠償額が大きいことでしょう。

破損した自分の身体の処理や、処理のために被った損害賠償は、数千万円規模になることは珍しくありません。

 

飛び込み事故の損賠賠償は、都市伝説だと思っていましたが、請求されるケース事実としてあるんですよね(*’ω’*)。

この場合、死んでしまう自分自身が支払うことはできませんから、遺された遺族が支払うことになります。

保険なんて出ませんよ(*’ω’*)?

 

また、一般車両への飛び込みの場合も、轢かせてしまった相手へのダメージも大きく、自分のわがままに巻き込む迷惑への補償や賠償といった視点で考えてみると、飛び込みを手段に選ぶのもいろんな勇気が必要です。

 

 

飛び降り

飛び降り

有名人の自殺には多いです。

メッセージ性を多分に含む派手なアクションですが、表の報道とは裏腹に、現場はリアルで凄惨な状態となります。

 

ある程度の高さが必要で、頭から落ちなければ生き残る可能性があります。

 

落下元にひとがいたら、確実に巻き込み死です。

注意が必要です。

 

また、落下死は、マンガにあるような頭から血を流して死んでいるような遺体にはなりません。

落としたスイカのように頭部破裂していたり、圧迫によってあらゆるものが穴から飛び出ていたりと、醜悪です。

 

場所によっては損害賠償も発生するでしょう。

 

 

警察の方から「遺体(肉片)はありますが損壊が激しくてお見せできません」と言われる場合もあります。

想像できます?

いきなり箱っぽいもの見せられて、「これがあなたの◎◎さんです」と言われる遺族の心境・・・。

 

 

睡眠薬

サプリ-1

眠るように死ぬ方法としてイメージするのが睡眠薬ですね。

 

ですが、実際には睡眠薬だけで死ぬのは難しいです。

 

現代の睡眠薬による致死量は、100錠以上とも言われています。

 

薬の入手そのものも難しいですが、致死の確率が高まる「10時間以上放置されておくこと」という条件も、意外と難しいものです。

 

睡眠薬の過剰摂取後に処置された場合、重度の副作用をきたすことも珍しくありません。

 

特に、睡眠薬は精神への副作用が顕著で、統合失調症などを引き起こす可能性もとても高いといわれています。

 

実施の準備が難しく、万一実施できても成功率が低く、一度手を出すと後遺症も残りやすい、とってもリスキーな方法が睡眠薬です(*’ω’*)。

 

 

リストカット

カッター_y

自殺のイメージとしては定番ですね。

 

ちなみに、致命傷になるのは動脈という太い血管なのですが、痛みをよく感じる部位の深いところにあります。

 

ようは痛いんです(*’ω’*)!

 

躊躇うと、何度も痛みが続き、中途半端にやると、一生恥ずかしい傷が残ります。

かさぶたを剥がすのにも冷や汗なぼくには、到底無理な方法です。

 

 

誰かにお願いしてしまう

悪いひと

犯罪に巻き込まれる可能性がとても高いです。

もし、人殺しを請け負ってくれるというひとがいたら、ほぼ詐欺と思いましょう。

 

粛々とサービスを履行してくれる補償はありません。

大抵は、心と身体死ぬより辛い傷を受ける可能性がとても大きいことを理解しておきましょう(*’ω’*)。

 

代用的なものをあげてみましたが、意欲的に興味を持てたものはありましたか?

 

人間には防衛本能がありますから、死の危険に対しては、激しい痛みを伴わない方法は、ありません。

 

 

よめ
よめ

簡単・お気楽に「楽になる方法」というのは存在しません(*’ω’*)

 

自殺未遂には大きな後遺症が残るという事実

こんなネガティブで怖ろしい決断をしたのだから、失敗したくないというのが人情です。

でも、世の中には100%の確率はありませんし、いろんな要因で結構な確率で自殺は失敗します(*’ω’*)。

 

また、自殺に失敗すると「やんなきゃよかった」・「未遂前よりも辛い」と後悔することも珍しくありません

 

成功率について、公表されている精緻なデータなんてありませんが、考えられる阻害要因や、成功しなかった時のデメリットをあげてみたいと思います(*’ω’*)。

 

溺死

水滴1

ぼくには恐怖しかないのでぞっとしますが、数kgの重りを付けて深い水場に飛び込めば成功する確率は高いです。

ただし、単独で現地に行くには船などが必要ですから、人の手が必要です。

ひっそりと行動に移すのは難しいです。

また、あからさまに重りを持って船に乗ると警戒もされますので、成功確率は下がるでしょう。

 

ちなみに、万一溺れて心配停止しても心停止後5分ほどなら蘇生する可能性は50%です。

蘇生に成功したとしても、脳へのダメージによって喋れない・麻痺などといった様々な障害が残ることがあります。

 

実現するまでの手配が難しい入水自殺ですが、この方法を選ぶ人は、ほぼいないそうです。

ぼくと同じように怖さと苦しさを想像できるからでしょうか(*’ω’*)。

 

 

首つり

風船2つ

実施する人が多いのが首つりです。

そして、失敗談多いのも首つりです。

 

失敗の原因はあえて伏せましょう(*’ω’*)。

 

非常によく選ばれる自殺手段ですが、きれいに頸動脈を圧迫できず、苦しまれることも少なくないそうです。

 

また、室内で実施した場合、多くのひとに迷惑をかけてしまいます。

 

  • 持ち家:家族は、ご近所さんからの視線に、他意を感じながら過ごすことになります。また、引っ越ししようにも、事故物件として価値は大いに下がります。
    一般的には2割~3割程度は下がるといわれています(*’ω’*)。

  • 賃貸:事故物件になって家主さんに迷惑がかかるのはもちろんですが、遺体の除去・部屋の現状回復費は遺族に請求されます。
    遺体の腐乱状況によっては、内装フルリフォーム以上の請求になることもあります。

 

 

 

飛び込み

飛び降り1

をとらえて飛び込めた場合、成功確率は格段に高いものとなるでしょう。

 

ただし、失敗した時には重度の障害を持つ可能性もありますから、ちょっとでも躊躇するなら避けましょう。

 

また、成功したあとの賠償金を揃えておきましょう。

もし、お金を準備できない場合、遺族に数千万円の賠償金を支払わせることの妥当性も、十分に考慮した上で臨むようにしましょう。

 

 

飛び降り

飛び降り

意外と成功確率が低いのが飛び降りです。

 

実施するには、10メートル以上が必要と言われていますが、地面の形状破損部位、間にルーフなどの干渉物がある・・・などの理由で、未遂になるケースはあります。

 

ビル10階くらいから落ちても助かるケースがあるのはそのためです。

 

また、成功確率は低いものの、失敗した時肉体の損傷や後遺症が激しいのも特徴です。

 

 

睡眠薬

サプリ

睡眠薬も成功率が低い方法です。

 

ただ、過剰摂取重篤な副作用が伴います。

 

特に、睡眠薬は精神疾患を引き起こしますから、とても怖いです。

 

 

リストカット

カッター_y

手首にをたくさん刻んでいるひとがいますね。

 

リストカットは、単純な痛みもありますし、出血などのインパクトがあるので、躊躇することが多いです。

結果、繰り返すケースも多くて、自傷が癖になるひともいます。

 

毎度痛いですし、リストカットのがあるだけでも、就職に不利だったりします。

生々しい跡があるだけで、人から偏った評価を受けることもあるでしょう。

 

 

誰かにお願いしてしまう

悪いひと

こういった要望を請け負うひとは、常識では計れません。

つまり、常識のないひとと契約を結ぶことになるので、想像しないような事故に発展するケースやお金を持ち逃げされるケースなど、数多くの事件性をはらみ、自らの望む結果には至りません。

 

人の死後処理にはお金が必要という事実

人間の身体は、好きなところに放置したり、捨てることはできません

 

適切に処置され、しかるべき場所に埋葬する必要があるんですよね(*’ω’*)。

教会

 

自分が死んだ後の話ですから、当然第三者にお願いすることになります。

いつ発見されるかもわかりませんから、身内といえどもお願いするのは気が引けます

とはいえ、人間社会ではお金さえあれば大抵のことは解決できます(*’ω’*)。

 

死にゆくひとは、きちんとお金を残してから、行動を起こしましょう(*’ω’*)!

お金

 

 

死亡されたひとの預金について

意外と盲点だと思いますが、死亡された方の口座は、銀行で凍結されます。

 

遺産分割協議が完了するまで、死亡者の口座からは預金を引き出せなくなります。

もし、遺族に迷惑をかける可能性があるひとは、事前に遺族の口座に送金するか、現金を準備しておきましょう。

  • 死亡者の口座は凍結され、自由に引き出せなくなります。

 

緊急措置はできます。書類が膨大で大変なので、専門家に相談するとよいです(*’ω’*)。

             

 

金額は次を参考にしてくてください(*’ω’*)!

 

室内で亡くなるひとの死後処理費用

遺体は警察が処理します。

ですが、室内のクリーニングは誰かが行います。

腐乱状態によっては、特殊な薬液や処理が必要ですし、下手をすると総リフォームになることもあります。

 

ちなみに、現場の掃除は普通のひとや掃除器具では対応が難しく、「特殊清掃」というお掃除をお願いすることになります。

 

腐敗の状態にもよりますが、清掃費用だけでも10万円~50万円は見ておきましょう。

▼特殊な薬液とテクニックで現状回復をやってくれます。実際問題、素人には難しいです。

お掃除とは別に、状況によっては壁紙張り替えフローリング交換換気扇やエアコンの交換など、フルリフォームに近い回復費用を請求されることもあります。

 

必ずしもすべての要求に従う必要はありませんが、相当な金額がかかる場合もあります。

 

▼法外な請求がきたら・・・、弁護士さんに相談しましょう(*’ω’*)。

             

 

  • 清掃費用:10万円~50万円
  • リフォーム費用:敷金のみ~100万円

 

山で亡くなるひとの捜索費用

死後処理というより、遺体捜索莫大な費用が掛かる場合があります。

 

山への捜索願いは、1日におおむね100万円単位のお金が必要です。

しかも、捜索費用についてはディスカウント交渉はできません

 

捜索にかかる平均は2日~3日なので、約300万円ほどの準備は必要です。

 

  • 捜索費用:300万円(100万円/1日×3日)

 

海で亡くなるひとの捜索費用

海も、山と同様で遺体捜索に費用が掛かる場合があります。

 

ただし、山と違って、海の捜索は海上保安庁への依頼となります。

海上保安庁そのものへの要請は無料です。

 

ただし、民間のダイバーを雇う場合にはそこそこのお金がかかります。

ダイバーを雇う費用は人数や海域などによって相場も変わりますが、1日に30万円程度は覚悟しておきましょう。

  • 捜索費用:100万円(30万円/1日×3日)

 

納骨・葬儀費用

ぼくは、自分のための葬儀は必要ないと思っています。

 

ですが、やりたい遺族や、やらずにはいられない地域の方はいるでしょう。

 

そして、葬儀費用は、最低でも20万~100万円は掛かります。

 

▼「葬儀コンシェル」のような格安パッケージでも数十万は掛かります。

葬儀コンシェル     葬儀コンシェル

 

  • 葬儀代・納骨など:20万~

 

命を絶つための面倒な準備

もしぼくが命を絶つとしたら、できるだけひとのお手間は取りたくありません。

 

また、家族が命を絶つ時にも、可能な限り面倒かけられたくありません。

遺族の負担を減らすためには、ある程度の身辺整理はしておきたいです。

人差し指

身辺整理

人間関係のことではありません。

ベットの下やクローゼットに隠した嗜好品PCの中に保管しているコレクションを削除しておきましょう。

 

囲まれているモノを整理すると、鬱積した気持ちが驚くほどすっきりすることがあります。

それこそ「死ぬ気」でモノを無くすと、開ける景色があるかもしれません。

 

気持ちが暗いときにやるお掃除は、おすすめです。

 

▼大量の不用品があるときには、業者さんにお願いするのも吉!うまくいけば買取もあります(*’ω’*)。

ECOクリーン     ECOクリーン

 

公共料金や定期サービスの解約と支払い

使う予定がないものは、解約と入金を済ませておきましょう。

 

だれも得をしませんので(*’ω’*)!

 

人知れず亡くなるときの注意点

国民年金などの保険料は、死亡が確認できない限り支払い義務があります。

ライセンス

人知れず亡くなった場合には、最低7年分(失踪受理されるまでの期間)の保険料を遺族に残しておくか、死後、遺体が必ず見つかるように痕跡を残しましょう(*’ω’*)。

 

保険料の支払請求を中止するには、死亡を確認できる遺体が必要です。

また、自殺といえども保険金が下りることはあります。

保険金が下りるケースであっても、死亡確認が必要です(*’ω’*)。

 

あわせて読みたい
14日のTODO_家族が亡くなったときにやるべきことマニュアル
【家族が亡くなった時のやることマニュアル】家族が亡くなってからの14日 4ステップのスケジュール管理でもれなく乗り切る      家族が亡くなったとき、遺族は悲しむことだけに注意を払えません。 なぜなら、人が亡くなった後にやるべきことの9...
  • 死亡認定:遺体がみつからないと、納税義務は執行しない。また、保険金も盛らない。

 

▼もしもの時には弁護士さんに相談しましょう。

             

 

遺族へのメッセージ

遺品を極力減らしたら、遺族へメッセージを残しおきたい。

 

自ら命を絶つ場合、うまい遺書のテンプレートをぼくは思いつきませんでした。

 

あわせて読みたい
end_of_life_plans_終活_遺体の処理費用
【自殺志望者の終活】すでに対策済みですか?命が失われた後の身体の処理方法と処理費用命の在り方や考え方は個人の考え方を反映できますが、死んだあとの身体の取り扱いは、自分にだけは、完璧にコントロールする自由がありません。ざくっと試算すると迷惑かけずに処理してもらうには150万円ほどほしいところ。自殺志望者に限らず、一度は考えておきたい事後費用について、まとめてみました。...

 

とはいえ、次のようなものを残しておくと、遺族は幾分楽です(*’ω’*)。

 

【生前に残しておくと助かる意思表示】

  • 遺影の写真
  • 遺産の案分
  • 葬儀の規模や内容
  • 訃報を知らせるべき人のリスト化

 

▼残された遺族の方がやること

あわせて読みたい
14日のTODO_家族が亡くなったときにやるべきことマニュアル
【家族が亡くなった時のやることマニュアル】家族が亡くなってからの14日 4ステップのスケジュール管理でもれなく乗り切る      家族が亡くなったとき、遺族は悲しむことだけに注意を払えません。 なぜなら、人が亡くなった後にやるべきことの9...

 

葬儀については、事前予約しておくのがおすすめです。

事前に自分で申し込み、お金も払っておくことができます(*’ω’*)。

 

▼業界屈指の低価格&高品質な葬儀なら葬儀コンシェル▼葬儀コンシェル     葬儀コンシェル

 

自殺の場合、保険金が支払われるケースありますが、原則は支払われないと思っておきましょう。

 

ぼくが「死ぬ前に」やっておきたい事

ぼくには自殺願望はありませんが、ときどき「死ぬ気」で頑張ることがあります。

 

でも、いざ死を考えると、やり残したことがあって、「やりきるまでは死んでも死にきれない!」と思ってしまいます。

 

よめ
よめ
みなさんにはありませんか?

 

もし、ぼくが余命宣告をされたなら、次の3つの景色は見ておきたいです(*’ω’*)。

 

砂漠で星を見る

エジプトでもモンゴルでもいいんです。

灯のない砂漠に寝転んで、ひたすらを見てみたいです。

 

昔、自由な旅人に聞いたことがあります。

 

  • 「砂漠で自殺しようと思い、砂漠の真ん中で寝転がって星を見てたら人生観が変わったんだ・・・」

 

ぼくは死ぬ前に、一度でいいので、この体験をしてみたい。

そして、自殺願望が芽生えることがあれば、「一度砂漠で星を見てから実行決断するんだ!」と心に決めています(*’ω’*)!

 

海外旅行

 

 

オーストラリアの聖なる山【ウルル】の赤い岩肌を見る

オーストラリアの名所、聖なる山ウルルです。

写真や映像でしかみたことありませんが、ああいった多彩な光を反射する場所は、光線の種類も豊富で、肉眼で見ると圧倒的な情報量に感動すること間違いないです。

 

ぼくは、未だ一度もオーストラリア本島に足を踏み入れたことはありません。

こんな景色を肉眼で見ずには、死んでも死に切れません(*’ω’*)!

 

海外旅行           海外旅行

 

 

アメリカの【グランドキャニオン】

この画像は、グランドキャニオンの壮大な風景のほんの一部です。

 

自然のアートが広大な地域に広がっていて、ミクロでもマクロでも楽しめる場所は、世界には意外とたくさんあります。

グランドキャニオンも、複雑な地層の影響か、光によって見え方が本当に様々で、数日泊まり込みでたっぷり堪能したいパワースポットです(*’ω’*)。

 

▼JTBなら英語が話せなくても、現地ガイドがいるから安心です▼

海外旅行     海外旅行     海外旅行     海外旅行

 

目を閉じて思い返してみると、やりたい事・やり残したことってたくさんありませんか(*’ω’*)?

 

よめ
よめ
余命宣告と行動規制がされていたらしょうがないですが、自由に動けるうちは、全てやりたいです(*’ω’*)!

 

まとめ

自ら命を絶つことに生産性全くありません。

 

得するひともいません。

そして失敗した時には、自分への後遺症は甚大ですし、うまくいっても遺族へは多大な迷惑をかけます。

 

よめ
よめ
自殺=非生産的という事実だけは、きちんと理解しておきましょう(*’ω’*)!

 

  • 自ら命を絶つことに生産性はない
  • 得するひともいない

 

もし、いま悩んでいる人がいれば、それこそ「死ぬ気」で環境を変えてみるのもよき手です。

▼二卒・フリーターからでも正社員は夢じゃない、リクルートのキャリアスタート▼

 

ぼくは、自分の命の価値決めるのは自分ではないと思っていますが、他人に決められるものでもないと思っています。

ハート2

終の瞬間に振り返った時、誰かの顔がそこにあれば、価値のある生き方をしたんだと思います。

それまでは誰にも分りません(*’ω’*)!

 

 

自殺要因のほとんど人間関係のストレスです。

ですが、人間関係は環境を変えることで簡単に変えることができます。

ハートブレイク

 

ぼくも長らく企業の採用に関わったこともありますが、人間関係を悪化させるのは本人の素養だけではなく、チームや企業体質とと個人「合うか合わないか」が大きな要因になっているケースも多々あります。

 

企業は個人を守ってくれませんから、自分を守るのは自分となります。

防御

特にメンタル壊れるとなかなか修復しませんから、おかしいと感じたら、一度立ち止まってみる時かもしれませんよ(*’ω’*)!

 

 

随分と長文になってしまいましたが、思いつめたときに、振り返るきっかけになれたら幸いです。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました