マットレス

【腰痛・肩こり・快眠・回復】目的違えど見るとこ同じ!?マットレス選びで押さえるべきたった4つのポイント

マットレス選びで外せない4つのチェックポイント

腰痛・肩こり・快眠・回復・・・、ニーズはいろいろあれど、マットレス選びで見るべきポイントは4つだけです。

顔出し

【マットレスで見るべき4つのポイント】

  1. 柔らかい体圧分散
  2. 身体を適度に支える支持力
  3. 寝返りをサポートする反発力
  4. 睡眠環境を快適に保つ通気性

 

優れたマットレスというのは、4つの性能それぞれに対し、高いレベルで要件を満たしているのが特徴です。

おすすめ

また、これら4つの性能の強弱や、素材・技術の差が、寝心地の違いとなります。

 

よめ
よめ
「どれかだけが素晴らしい!」ではなく、4つすべての性能がある程度の水準にあるものを選ぶようにしましょう。

 

その中から、目的や体型に合わせた性質の強さを選択することで、自分にぴったりのマットレスに出会えます(*’ω’*)。

 

【体圧分散】のあるマットレスを選ぶ

マットレスを宣伝するキャッチフレーズに、必ずと言っていいほど書いてある「体圧分散」って何のことですかね(*’ω’*)?

拡大

体圧分散とは、マットレス表面が身体に密着するように沈み込み、凹んだ部分も出っ張った部分も均一に支えてくれる性能のことです。

体圧分散説明gif

参考:日本人好み・日本人の体型に合った、やや硬めの高反発マットレス【ビブラート1】

 

身体の各所を均一に支えることで、身体を支える筋肉の負担を減らしたり、部分的な圧迫を軽減することができます(*’ω’*)!

 

注意点としては、沈みすぎる事、通気性の確保、などがあります。

 

▼もう少し掘り下げたメリット・デメリットについてはこちらをご欄ください(*’ω’*)!

体圧分散_body pressure balancing function
【体圧分散】マットレスで謳われている「体圧分散」が必要な理由と効果と注意点のまとめマットレスによく表記されている「体圧分散」をざっくり言ってしまうと、「身体と接地する面が柔らかい」ということです。もてやはされている理由は、ただ気持ちがよいからではありません。この性質が必要な理由と、気を付けたいデメリットについて説明していきます(*'ω'*)。...

 

よめ
よめ
マットレスに求める基本性能ですし、触ったときに分かりやすい気持ちよさの指標になります

 

【身体を支える支持力】のあるマットレスを選ぶ

マットレスの支持力は、体圧分散とセットでチェックするべきポイントです。

まっちょ

体圧分散には、柔らかさが求められますが、素材が柔らか過ぎると、かえって姿勢が悪くなることがあります。

 

▼柔らかすぎるマットレスだと、身体の重い部分から沈み込み、姿勢を悪くします。

体圧分散_沈み込み

 

こうならないためには、ただ体圧分散できるだけのものではなく、沈み込んだ身体を適度に保持する力が必要です。

 

▼こんな感じ(*’ω’*)!

寝姿_体圧_負担

参考:日本人好み・日本人の体型に合った、やや硬めの高反発マットレス【ビブラート1】

柔らかく体圧を分散し、沈み込みすぎないように支えることができるのは、マットレスの重要な性能です(*’ω’*)!

 

▼体圧分散の記事ですが、マットレス選びの時にはセットで押さえておきましょう。

体圧分散_body pressure balancing function
【体圧分散】マットレスで謳われている「体圧分散」が必要な理由と効果と注意点のまとめマットレスによく表記されている「体圧分散」をざっくり言ってしまうと、「身体と接地する面が柔らかい」ということです。もてやはされている理由は、ただ気持ちがよいからではありません。この性質が必要な理由と、気を付けたいデメリットについて説明していきます(*'ω'*)。...

 

【反発性能】のあるマットレスを選ぶ

腰痛・肩こり・疲労回復を良好に行うためには、睡眠の質を上げる必要があります。

 

その睡眠の質は、「寝返り」と関係があるのですが、みなさんはご存知でした(*’ω’*)?

 

人間は一晩に約20回~30回ほどの寝返りをうつのが正常で、少な過ぎたり多すぎると、身体の疲れがとれなかったり、腰痛を引き起こします。

腰痛

そのため、寝返りを打ちやすいマットレスが必要になるのですが、その寝返りをサポートするのが、「反発性能」になります。

 

体圧分散性能の高いマットレスは、総じて柔らかい素材が多いのですが、ふわふわした接地面では力が分散されますから、寝返りはうちにくくなります。

 

体圧分散性能を維持しつつ、寝返りを打ちやすくサポートする、そんな性能がマットレスには求められているんです(*’ω’*)!

 

よめ
よめ
反発力は、睡眠の質を上げるためには大切な性質ですから、絶対に外したくない機能です。

 

寝返りの効能はいくつもありますが、ざっくりというと次の2点です。

しかもこれ、無意識にやっています(*’ω’*)!

  1. 全身くまなくストレッチ
  2. 睡眠パターンの切り替え

 

よめ
よめ
寝返りって、本当によくできた睡眠プログラムなんだなと思います(*’ω’*)。

 

超重要な寝返りの役割や意味や重要性をまとめました(*’ω’*)!

寝返りを促進する睡眠環境_Beginner's Guide Series
良質×睡眠に必須な【寝返り】をコントロールして睡眠の質を高める寝返り大事!高反発最高!そんな声は度々聞こえますが、なぜ大事なのか、寝返りって何のためにやっているのかを知っている人は結構少ないです。理由を知ればもっとやりたくなるのが寝返りです!そんな有益な寝返りを最適&スムーズにコントロールする方法も交えて紹介していきます(*'ω'*)!ぜひお立ち寄りくださいませ...

 

【通気性】のあるマットレスを選ぶ

マットレスにも通気性は欲しいです(*’ω’*)!

循環

なければメンテナンスしなければいけませんし、マットレスの寿命や快適性にも影響します。

通気性が悪い状況で使い続けると、ダニやカビが発生することも珍しくはありません。

ダニ

特に、床に直置きして使うひとは気を付けましょう。

高温多湿の日本では、床に直置きしたままのマットレスは、どんなに通気性能がよくてもカビます(*’ω’*)!

 

▼マットレスの通気性ってどこ見ればいいの?どんなものがあるの?なんで必要なの?な疑問にお答えします(*’ω’*)!

通気性_Breathable
通気性のよいマットレスのメリットとは!?通気性のよいマットレスの特徴&見分け方と通気性能順ランキングマットレスは、いつだってさらふわしているほうが気持ちいいに決まってます。それを実現するために、マットレスには通気性が必要だろうこともなんとなくわかってます(*'ω'*)!でも、どこをみれば通気性がいいマットレスかわかりますか?通気性の良さはここ見よう!をまとめてみましたので、興味ある方はぜひお立ち寄りくださいませ。...

 

マットレス選びでだれしも迷う!?スプリングマットレスとノンスプリング(ウレタン)マットレス

どんなマットレスでも見るべきポイントは変わりませんが、マットレス自体にいろんな種類があって、迷いませんか?

 

マットレスは、大きくわけると、スプリングマットレスノンスプリングマットレスに分けられます。

ベッド

どちらのマットレスも、4つの性能を満たすために、様々な独自工夫がとられています。

スプリング⇔ノンスプリングの違いだけで、性能単体や総合力の良し悪しを分けることはできません。

また、極端な体型や好みがあると、選択肢が絞られる場合もあります。

 

スプリングマットレスとノンスプリングマットレス

【スプリングマットレス】

スプリングマットレスとは、マットレスの中にバネが入っているマットレスです。

バネアイコンy      バネアイコンy       バネアイコンy      バネアイコンy     バネアイコンy

老舗のマットレスブランドのハイエンドモデルは、たいていがスプリングマットレスです。

すぐれた性能に加え、耐久力の高さも魅力で、お値段高めですが、まだまだ人気の高いマットレスです(*’ω’*)!

 

 

【ノンスプリングマットレス】

ノンスプリングマットレスとは、バネが入っていないマットレスです。

緻密なドット

バネのない代わりに、反発性のあるウレタンファイバーラテックスなどの素材を使っています。

素材の品質向上により、スプリングマットレスにも引けを取らない高性能な製品が数多く出回るようになりました。

 

▼スプリングマットレスとノンスプリングマットレスの細かい違いやメリット・デメリットなどをまとめました(*’ω’*)!よろしければこちらもどうぞ。

ウレタンマットレスのすすめ
【素材で選ぶマットレス】これから買うなら、マットレスはスプリングよりもウレタンがおすすめな理由マットレスはどんなに高級でも5年から10年で交換するのが望ましいです。 消耗品として割り切るにはちょっとお高いですが、コスパ・使い勝手ともに、ウレタンマットレスはちょうどよいハイテク素材です。 また、いろんなマットレスの素材別の特徴を知ると、よきマットレスの条件が見えてきます。すぐに買い替えないひとも、今後の参考になるとおもいますからぜひご覧になってください!...

 

ウレタン素材の仕様・特徴

ウレタンは、スプリングマットレスにも使われていますので、目にする機会は多くなったのではないでしょうか?

スポンジ

そうなると、品質表示されている規格や、種類の差が気になりませんか?

 

例えば、高反発・低反発・デニール・ニュートン・・・・etc。とか(*’ω’*)

 

▼そんなウレタンの疑問に答えます(*’ω’*)!

ひとしきり読んでいただければ、マットレスに使われているウレタンのことがわかると思います。

ウレタン素材_マットレス_ピローの押さえるポイント
【マットレス・枕】ウレタン素材の特徴と、メリット・デメリットマットレスや枕に要求される性能は、柔らかい体圧分散、身体を適度に支える支持力、寝返りをサポートする反発力、睡眠環境を快適に保つ通気性の4つです。 ひとつの素材でこれらの特性を実現するのは難しいですが、ウレタンフォームの多様な特性を組み合わせることで、マットレスや枕の難しい要求に応えることができます。...

 

まとめ

マットレスは良質な睡眠には欠かせません。

そして、品質と性能はお値段と比例します。

グラフ4

だからこそ、慎重に選びたいし、納得できる買い物をしたいですね(*’ω’*)!

 

今回ご紹介した4つのポイントは、マットレスで大事な基本性能ですから、もれなくチェックしてください。

 

 

それでもマットレス選びに悩んだら、最後に目安にするとよいのはやっぱり価格です。

お金

ちなみに、ぼくがおすすめするマットレスの価格帯は、シングルサイズでも5万~10万円、可能なら20万程度のものです。

この価格帯で、それなりの知名度のあるブランドなら、後悔しないマットレス選びができます(*’ω’*)。いいね

安すぎるものはヘタリが異常に早かったり、異臭が激しかったりと、つまりは「それなり」です。

 

こんなことを書くと、「じゃぁ高ければいいの(*’ω’*)?」というひとも必ずいますが、純粋なマットレスの性能としては、30万円クラスほどもあれば最高レベルだと思います。

 

それ以上の高価なマットレスは、サイズブランド素材の違いよる価格差になりますから、無理に求めなくてもよいのでは。と個人的には思います。

 

よめ
よめ
他にも敷パッドやベッドフレームなどで簡単に変化させられるものもありますし(*’ω’*)

 

いずれにしても、マットレスは高価ですから、買うのにはつい勇気がいりますよね。

顔出し
よめ
よめ
ぼくだったら「ちゃんと自分に合ったものを試したい」です

 

そんな慎重派なひとへぼくがおすすめするのが、コアラマットレスビブラート1です。

このふたつのマットレスは、高品質&高性能&お値段高めので値段相応の良質なマットレスですが、返金制度やリース制度がある、大変購入満足度の高いブランドです。

 

コアラマットレス_koala mattress
【ふんわり・しっとり・やわらかマットレス好き必見!】コアラマットレスの評価とレビューとおすすめしたいひとコアラマットレスは、2015年創設ながら、瞬く間にワールドワイドに広がり、設立初年度でありながら、「10万円以下で買えるマットレス部門」をはじめ数多くの賞を受賞したハイクオリティなマットレスです。ちょっぴりポップな装いやCMからは想像できない高性能なマットレスの構造からおすすめまでを徹底的に紹介します(*'ω'*)!...
Best Mattress Vibrato1
【ビブラート1(Vibrato1)】睡眠障害持ちの妻と腰痛持ちの夫がシェアできる最高のおすすめマットレス睡眠障害持ちと腰痛持ちでも、がつんと違いがわかるのはマットレスの存在です。両者の求める要件は少し違いますが、どちらにもマルチに対応できる、おすすめNO1のハイテクマットレスがビブラート1です。 ベッドをシェアするぼくたちの経験を交えて、それぞれがマットレスに求める要件とビブラート1のスペックを照らし合わせてみました。今のところ、ビブラート1が最高と思っています(*'ω'*)!...

 

後悔しないマットレスが欲しいひとは、ぜひ一度お試ししてほしいなと思います(*’ω’*)!

 

 

夜

それでは、今日もおやすみなさい☆