コミュニケーション

【超危険】「消えたい」系キーワードをフラットに思いつくとき=レッドライン確定の激ヤバメンタル!脱兎ダッシュで逃げるが絶対正解

消えてしまいたい_危険_ワード_i_want_to_disappear_is_no_good
    

 

みなさんは、心の崩壊を知らせるアラートキーワードをいくつご存知でしょうか?

ハートブレイク

メンタルが危険な時の思考ロジックにはいくつかのパターンがあり、出てくる言葉から読み取れる場合があります。

中でも、人やシーンにも依らず、かなりの確率で危険なキーワードをひとつ紹介しますので、ぜひ覚えておいてください。

 

 

今回紹介する、命の危機にすらなりかねない、とびきりヤバく自覚もできる共通のキーワード、それは「消えたい」系のワードです(*’ω’*)!

 

【NO1激ヤバキーワード】

  • 命の危険にまで及ぶ激ヤバキーワード:消えたい

 

 

しかも、「なんの根拠もなく」・「当然のように」・「思い付きから結論まで一貫して」、消えたい・消えてもいい。と思えてしまうときは、完全にアウトです。

 

ここまでくるとかなりの末期症状です。

理由や原因に思い当りがないかもしれませんが、至急「1週間ほど、まとまった休みをとった方がよい」レベルです。

飛行機

 

そして、「1週間休みをとれ」と言われて、それができない理由があれば、それこそが自分を命の危機に追い込んでいる原因です(*’ω’*)!

 

思い当る人は、次の行動をおすすめします。

 

【消えたいワードをフラットに思いつく人へのおすすめ行動指針】

  1. 脱兎のごとく、原因から逃げる
  2. まずは原因になっているものを休む
  3. 環境を変えることを本気で考える

 

どこまで具体的な行動に移せるかはさておき、一刻も早く対処すべき危険な状態であるという認識だけは持っていただけると幸いです(*’ω’*)。

 

よめ
よめ
どうか、無策のまま、本当に消えないようにだけは注意してください(*’ω’*)

 

▼しがみつくことだけが強さじゃない(*’ω’*)▼

     

 

人が衝動的・自発的に自ら死を選ぶのは自己防衛機能のエラー

人間は生物の中でも特異です。

その特異性ひとつが、自ら命を絶つことができる生物という点です。

飛び降り

 

本来、自ら命を絶つのは、生物としてあり得ない行動です。

それをやれることが、人間の高度な知性を証明しているというひともいますが、ぼくはそうは思いません。

 

例えば、次の2点は「似て非なるもの」です。

  • 自分が死ぬ可能性があると分かっていても、必要に迫られた時に死を厭わず行動を起こす
  • 衝動的・自発的に自らの命を絶つ

 

人間は高度な知性を持った生物なので、より恒久的なメリットがあると判断できれば、自らの死をも厭わず行動できます。

ですが、生物である以上、強烈な生存本能が、自ら命を絶つことを拒否するのが常です。

 

衝動的・自発的に自らの命を絶つのは、生物としての本来の自己防衛機能がマヒした状態であって、知性ではありません。

この、危険な麻痺状態を判別するのが「消えたい」系キーワードです。

 

 

最も危険な「消えたい」系ワードと、その他ネガティブワードとの違い

「消えたい」系ワードが最も危険な理由は、無関心・無感動の象徴だからです。

 

そのほか、比較的軽度で、よく聞かれるネガティブワードには、次のようなものがあります。

よめ
よめ
3つのレベルで分類してみました。

 

レベル1:◎◎(し・り)たい

  • 死にたい
  • 終わりにしたい
  • 楽になりたい
  • ・・・etc

 

これらは、自分の状況を理解し、意欲的打開策を求めている段階なので、まだ健全です。

 

知識を得たところで、妥当性の検討などをこれから協議する時間があります。

自己防衛機能もマヒはしていないので、いざ命を絶とうとしても、機能が恐怖や論理的な思考を呼び起こしてくれます。

共有
よめ
よめ
本人は本気で辛いかもしれませんが、半分は愚痴レベルです。友人・知人と話しながら打開策を考えるでも大丈夫(*’ω’*)

 

 

 

レベル1が進むと、欲求や願望ではなく感想のみしか思いつかなくなります。

ここまで来たら、精神科に相談したほうがよいレベルです。

レベル2:感想のみワード

  • 疲れた
  • 辛い
  • 眠い
  • やりたいことはない
  • 楽しいことはない

 

見分けづらいかもしれませんが、コミュニケーションの中で、これらのワードを見かけただけなら、殊更気にする必要はありません。

ただし、次の要因が加わった場合には注意が必要です。

【注意点】

  • このワード単体しか言わない
  • このワード単体しか思いつかない
  • このワード単体の根拠をうまく説明できない

思考が停止傾向にあります。

 

この段階に来ていると、意外と本人は自覚できません。

ふとした瞬間にでも「あ、思考停止してるわ」と自覚できた時には、その感覚は絶対的に正解です。

 

 

可能であれば精神科を受診してもらうと、薬の処方だけでも、比較的簡単に改善する可能性があります。

ドクター

何はともあれ、まずは十分に休みましょう(*’ω’*)!

 

まわりにこういったひとがいたら、一人ではまず気づけません。「精神科へ行ったら?」と勧めても拒否されるでしょう。

第三者が関与出来る一番てっとり早い方法は、半強制的に休暇を与えることだと思っています。

理想で言えばまとまった休みが良いです。

 

よめ
よめ
こういった人に気づいたら、間接的にサポートするのが効果的です(*’ω’*)!

 

 

最後は当然、激ヤバワードの「消えたい」系です(*’ω’*)!

レベル3:消えたい

  • 消えたい
  • 泡になりたい
  • なくなりたい

一見、レベル1の「◎◎たい」と似ていますが、願望の極端さが異常です。

 

自分の即時痕跡を残さず消滅を望むというのは、人間の持ちえる感情のなかでも飛びぬけて異質です。

 

生物にとっては、生き残ることこそ、生存本能とも言えます。

単純に生きることだけではないにしても、生きてきた実績や種を残そうとしますし、遺すものへの心配や後悔思い残し必ずあります。

 

その「残す」ができなくなる節目に、だれしもが認知するのがの感覚です。

 

消えたい系のワードをフラットに思いつくひとは、生物が持つの感覚が欠落した状態です。

死神

 

防衛本能の中でも重要な、セーフティロック外れた状態です。

そのため、タイミングが合いさえすれば、恐怖を感じることなくふらっと自殺行為へ踏み出せます。

 

セーフティロックはありませんから、躊躇もなく、フラットなメンタル逝きます

飛び降り

 

よめ
よめ
かなりヤバいです(*’ω’*)!

 

▼ぼくのひとつしかない身体の活かす場所▼

     

 

「消えたい」メンタルが生まれるロジック

ぼくには自殺願望はありません。

 

ですが、過去に「今なら死ねる」と思った体験があります。

吹き出し2

 

当時はぎりぎりで生活していたのだと、今なら思えますが、自覚ありませんでした。

ある日、ふと「あれ?おれ今なら死ねるな・・」フラットに思えたことに、とてつもない恐怖を感じて、当時取り掛かっていた作業すべてやめたことを覚えています(*’ω’*)!

 

 

このメンタルを生み出すロジックについて、当時は本気で考え、自分なりに解を持ちましたので、ここで共有します。

 

「消えたい」が生まれるロジックとは次の順番をたどり、確立します。

【「消えたい」が生まれる過程】

  1. 取り組み案件で成功体験ができず
  2. 他者からの肯定体験ができず
  3. 自己肯定⇔自己否定 のルーティン
  4. 自他ともに成功体験が蓄積できず
  5. 自己肯定ができなくなる

 

ひとの「消えたい」願望自己肯定感が極限まですり減ることで生まれます。

下がる階段

その間に蓄積されていくのは、成功できない体験です。

 

なお、成功経験のない分野において、成果を判断するのは、他者からの評価が大部分を占めることになります。

 

中には、他者の評価を気にしないという人もいますが、比較軸が、同じく人間の成果物実績だったりしますので、影響力は決してゼロになりません

対して、他者からのポジティブな評価は、どんな人にも必ずよい影響になります。

 

つまり、自己肯定感に多大な影響を与えているのが他者からの評価です(*’ω’*)!

目

 

よめ
よめ
「消えたい」メンタルは、徹底的な自己肯定感の喪失により引き起こされる症状なんです

消えたいメンタルは、自己肯定感の喪失・縮小によって引き起こされる

他者からの評価が、個人の自己肯定感の増減に影響する

 

▼今いるところが全てじゃない!今やっていることが全部じゃない(*’ω’*)▼

     

 

「消えたい」メンタルを生まないための予防策

一度閾値を超えると回復は難しいですが、予防する方法はないでしょうか?

防御

 

よめ
よめ
実はあります。

 

 

ちょっと状況を整理します。

自己肯定感をすり減らす要因は、次の2点です。

自己肯定感を擦り減らす2大要因

  • 成功体験の非生産
  • 失敗体験の蓄積

 

・・・・お気づきですか(*’ω’*)!

 

よめ
よめ
要は、逆のことをすればよいのです。

 

「消えたい」メンタルを生まないための予防策

  • 成功体験の生産
  • 失敗体験の非生産

 

失敗体験を生まないようにするのは難しいかもしれませんが、成功体験を増やすのは比較的簡単です。

なぜなら、人間が認知する成功体験と失敗体験の質量は、本人が思っている以上に差がないからです。

 

例えば、カジノで1億買った時と、パチンコで1万円買った時で、成功体験としての質量はそれほど変わりません。

感動やメリットや状況変化は比べるまでもありませんが、体験数は同じ「1」ですし、経験値も同じ「1」なんですよね。

 

そう考えると、成功体験質より量で稼ぐのが圧倒的に効率的です。

 

おすすめは、勝ちが見えている事柄に対しての成功体験を積み上げることです。

【成功体験蓄積のおすすめ例】

  • 毎朝7時に起きる
  • 毎朝鏡に映った自分に、笑顔で「おはよう」という
  • 全てのひとに笑顔で挨拶をする
  • 本を1日3ページ読む
  • 寝る前に、鏡に映った自分へ笑顔で「お休み」という

 

最初は、日常の習慣など、些細な一コマで十分です(*’ω’*)。

仕事で目標設定するなら、必ず達成できることを設定するとよいです。

 

特に、メンタルが弱っているうちは背伸びもしなくていいです。

背伸びをするのは十分に成功体験を積み上げてからでも遅くはないです。

 

よめ
よめ
ロールプレイングゲーム風にいうなら、充分に経験値上げ切ってからボスに挑めばいいんです(*’ω’*)

 

  • 確実に勝てる勝負で成功体験を稼ぐ
  • 背伸びは経験値を稼ぎ切ってからでも遅くはない

 

 

▼なんだっていいんだ、体験は力なんだ(*’ω’*)▼

    

 

まとめ

「消えたい」メンタルは、閾値を超えた病状です。

はっきりいってドクターに掛かるのが最善策です。

ドクター

 

そして、「消えたい」病を自分でも比較的自覚できるのが「消えたい」というワードです。

このワードがフラットで出てくるようになったら、脱兎のごとくその原因から逃げることを考えましょう。

ハードル_ビジネスマン

 

原因とは何か・・・ですと(*’ω’*)?

それは、「今すぐ長期休みをしなさい」と言われた時に、「放棄できない」と思い込んでいるものです。

よめ
よめ
貴方の身体は一つしかないですが、貴方の代わりに仕事をやれるひとごまんといる(*’ω’*)!

 

 

なお、「消えたい」病予防策としておすすめなのは、常日頃から成功体験を積み重ねることです。

どんなに小さきことでもいいんです。

質より量でいきましょう。

女性のピクトグラム

 

 

背伸びしてボスに立ち向かうのは、レベル上げ切って、勝てる戦にしてから望めばいいんです。

そうやって勝ち取れば、それすらも成功体験です(*’ω’*)!

 

 

晴れやかに飛び級で生き急ぐのはかっこいいですが、自分には自分のペースやり方が必ずあるはずです。

 

だれよりも自分自身が自分を認め労わり、よき理解者でありましょう(*’ω’*)!

そうすれば、「消えたい」病にはかかりません。

ねこ

 

 

では、今日も鏡に向かって笑顔で言ってあげてください。

 

「お疲れさまでした(*’ω’*)!」

 

 

▼最後に身体動かしたのはいつですか?次の休みって何しますか(*’ω’*)?▼