ねこ

とにかく甘えてくる猫が好きなひとへおすすめしたい【アメリカンカール】という猫の魅力と甘え方

アメリカンカール_American Curl (1)

みなさんは、アメリカンカールという猫を知っていますか?

ねこ

 

がくるんと後ろに反っているのが特徴のにゃんこです。

個人的にはそれほど魅力的な外見でもなく、普通の猫という印象でした(*’ω’*)!

 

ぼくには全くノーガードだったアメリカンカールという猫ちゃんですが、

 

実は先日、そして唐突に。

我が家子猫を迎えることになりました(*’ω’*)!

 

 

我が家には、すでに猫が3匹いるのですが、ねこだったら何匹いてもかわいいものです。

ここで一匹くらい増えてもノー問題です(*’ω’*)!

 

子猫を迎えた当時の我が家の家族環境(猫種と性別)は次のとおりです。

【我が家の猫事情】

  • MIX(15歳くらい?/♂)
  • スコティッシュフォールド(10歳/♀)
  • マンチカン(2歳/♂)

人間は妻とぼくの2人だけです(*’ω’*)!

密かに猫ハウスです。

・・・・幸せです(*’ω’*)。

 

 

現在、我が家で飼っている猫は3種ですが、実は(?)ぼくは今までにもたくさんの猫を飼ってきました。

猫って、良く懐いてくれますが、それでも、わんこに比べれば愛情表現はたんぱくですし、それが良さだと思っています。

ところが、ぼくの常識を覆す、驚きの「ちょうどよい」甘えたがり猫に今回初めて出会いました。

 

それがアメリカンカールです(*’ω’*)!

 

わんこよりもはるかに室内飼いしやすくて共生が安楽なのが猫の長所ですが、「わんこ並みに甘えてくれるペットが好み!」というひともいると思います。

ハート

そんな方にはアメリカンカールという猫種おすすめかもしれません。

 

よめ
よめ
甘えん坊の新体験!?

 

たんぱく猫が好きなぼくでもたまにほしくなる!?「甘えたがり猫」の魅力について、今回は紹介していきますね(*’ω’*)。

 

アメリカンカールという猫のこと

アメリカンカールの原種は、1980年代に偶然発見された雑種猫です。

                       ねこ
よめ
よめ
比較的新しい品種です

 

後ろに反った耳の形が特徴ですが、その後の研究で遺伝性の耳の突然変異ではあるけど、奇形ではないことが分かっています。

この耳の遺伝確率は、両親ともアメリカンカールの場合、50%で引き継がれる優性遺伝子です。

なので、耳に特徴のない子も50%の確率で生まれます。

 

また、アメリカンカールは、曲がった耳をしていますが、耳に特徴のあるスコティシュホールドとは異なり、(奇形ではないため)純血種には珍しく、雑種並みの頑強な身体を持っています。

原種がMIXだったこともあり、種特有の発症しやすい遺伝的疾患ありません。

 

アメリカンカールの主だった外見的特徴は次の通りです。

アメリカンカールの外見的特徴

  • 体質:筋肉質
  • 平均体重:3~5kg
  • 体型:小型、スリムなセミ・フォーリン(スリムでやや丸っこい、日本猫に多い体型です
  • 脚:中くらい
  • しっぽ:長め
  • 頭の形:くさび型
  • 目の形:クルミ型
  • 被毛:長毛も短毛もあり。シルキーな触り心地
  • カラー・模様:全てのパターン
  • 特徴的な外見:後方外側に巻いている耳

 

アメリカンカールの性格

  • 好奇心が強く、活発で、明るい
  • 人懐こく、人見知りも少なく、唐突に人間にちょっかいを出すほど人間好きで、愛情表現は犬のよう
  • 犬や他のペット、子どもとも仲良く親しんでいこうとする
  • 甘えん坊で、いつまでも子猫でいるような側面から「猫のピーター・パン」という愛称がある

 

ぼくがペットを飼うときに特に気を付け見ているのは、性格と、猫種特有のなり易い疾患についてです。

ペストマスク

調べてみると、アメリカンカールの原種はMIXで、特徴的な耳も奇形ではないので、とにかく丈夫な猫のようです。

とても安心できます(*’ω’*)。

 

そして、こうやってみても、ぼくの印象のとおり、耳の形とシルキーな毛質以外には、特に目立った特徴見られません。

 

 

ちなにに、妻は甘えてくれる猫が大好きなので、我が家にはうってつけの猫種のように思います(*’ω’*)。

 

よめ
よめ
かくして実態は!?

 

アメリカンカールなキロロとの出会い

キロロってなんぞや!?と思う人もいるかもですね。

 

当然です。

キロロは今回我が家に迎えた子猫の名前です(*’ω’*)!

キロロぼくが「キロロ」にゃ♪

 

目が濃いゴールド=黄色だったので、「黄色⇒キイロ⇒キロ⇒キロロ・・・」と命名しました。

沢山猫を飼ってきましたが、猫には呼びやすい名前が最適です。

おすすめは、フルネームは3語で、愛称も2語に略せるシンプルで歯切れのよい名前です。

 

彼の場合は、「正式名称:キロロ(3語)」⇒「愛称:キロ(2語)」となります。

 

発想は安直ですが、なかなかかわいいでしょ(*’ω’*)!

ねこ

 

 

そして、大層な見出しをつけておきながら、出会いは珍しくもなく他愛のないものです(*’ω’*)。

妻とハーレーに乗って、自宅から30kmほどのうどん屋さんデートの帰り道、妻の「子猫見て帰りたい」の一言で立ち寄ったショップにいたのがキロロです。

ショップ

既に生まれてから半年ほど経っている、そこそこ育ったぎりぎり子猫な体格の子で、ショップのウィンドウの中で熟睡してました。

 

寝てるところをいきなり抱かせてもらい、初見のぼくたちにゴロゴロ甘える様や、きれいな毛並み、シルキーな手触りだけを確認して、即決購入(*’ω’*)!

ぼくには、アメリカンカールという猫種の知識はありませんでしたが、珍しく妻が買うと言い出した猫ですから、反対する理由はありません。

 

ぼくのハーレー(バイクです)の後部座席で、妻が段ボールに入ったキロロを抱きかかえる形で連れ帰りました。

バイク1

 

ぼくのハーレー(大型バイクです)は、それなりに大きな音も出ます。

初めての外界の音も、子猫にとっては全てが恐怖だったろうと思います。

 

 

・・・・・と、そう思っていたのはぼくたちだけで、移動中も終始小窓から手を出して遊んでいた様子です。

ねこあし3

なかなかの肝の座り具合に、既存猫3匹の環境でも馴染んでいけそうで、ほのかに期待が持てます(*’ω’*)。

 

なお、本来猫をショップで買うのは反対派な妻にしてはとっても珍しく、とても意外な決断なのです。

おそらく、ちょっとさびれたペットショップにいた、売れ残り感の漂う所に惹かれたのかなとも思っていますが、出会いなんてこんなものなのかもしれませんね(*’ω’*)。

 

アメリカンカールの特徴をキロロで検証

外見は耳しか特徴のない猫なので、写真を見て推し量ってください(*’ω’*)!

できるだけ、写真ではわかりにくい点を挙げていきます。

 

外見

キロロ

巻き耳の子は50%の確率ということですが、アメリカンカールの最大にして唯一の特徴なのが耳の形状です。

キロロは、とがってはいますが、明らかにうしろ向きに巻いています。

触ってみると割合しっかりとした軟骨で構成されています。

ぼくほどいろんな猫を飼うと、たったひとつでも個性があれば十分魅力的です(*’ω’*)。

 

カワユスです。

 

毛並み

キロロ

ショートタイプの子ですが、シルキーです。ほんっとに気持ちいいです。

ずっと触っていられます(*’ω’*)。

意外と触り心地って大事じゃないですか!?

 

よめ
よめ
我が家のスコティッシュは、脂性なので触ると手がべっとべとになります。かわいいですがそういう子もいます(*’ω’*)

 

性格

 

好奇心・活発さ・明るさ

ねこあし3

ちょっとした模様・動き・匂い・音など、敏感に反応し、細やかに動きます。

とっても一人遊びが上手で、いつもなにかしら遊んでいるように見えます。

よめ
よめ
警戒心とは違う反応の良さは見ててほほえましいです(*’ω’*)

 

 

人間好き

ハート

人好きですね。

常に足元にいます。

走って近づき、走って逃げていきます。

 

・・・そして、

結果、足元にいます(*’ω’*)。

 

話しかけるだけで、ゴロゴロいいいながら身体のあらゆるところを擦り付けます。

 

寝る時にはいつも顔の近くにいます。

むしろ顔に乗って寝ています(*’ω’*)。

 

ちょっと離れると結構な声で、1.2度は呼びます。

ワユスです(*’ω’*)。

 

 

他のペットとの協調性

我が家には先住猫が3匹いますが、絡みまくります。

怒られても怒られても怒られても近づいていきます。

怒

いい意味で執着心が薄く、ちょっかいを出す数はとても多いですが、しつこすぎないので、あっという間に馴染みました。

我が家では警戒心の強い子もいましたが、受け入れてもらうのに2日もかかりませんでした(*’ω’*)。

 

 

甘えん坊

いつまでも子猫で「猫のピーター・パン」という愛称とのことですが、かわいらしい甘え方で好感が持てます。

 

まだ子猫なので今後はこれから見守りますが、たぶん前評判通りでしょう(*’ω’*)。

買ってきた初日、妻のおなかの上を独占し、気持ちよさそうに寝ていました。

 

先住猫のやきもち報復にあわないか心配しましたが、彼らもさほど気にならないようでした(*’ω’*)!

 

 

アメリカンカールの甘えたがり度

キロロとは数日の付き合いですが、すでに数か月世話したような気分になっています。

 

すごく甘えたがりさんだなぁとぼくが感じるのはこんなところです(*’ω’*)!

  • 常に顔が見える位置にいたがる
  • きちんと手が触れる距離にいる
  • 触られることに嫌がらない
  • 話しかけるだけで嬉しそうにゴロゴロ言いながら近づく
  • 呼ぶと目を見て振り返り、よく鳴いて返事する
  • たびたび飼い主を鳴いて呼ぶ
  • 自らの上やおなかに乗ってきたり、足元に身体を寄せて休む
  • 抱かれたまま落ち着く

 

ぼくはスコティッシュが懐っこい猫の上位だと思っていましたが、妻の飼っていたMIXの子の方がよっぽど甘えん坊で寄り添ってくれます。

マンチカンは、気がふれたように走り回り、いつも全力でアピールしてくるやんちゃが取り柄の純真で無邪気でかわいいですが、甘えん坊とはまた違う気がします。

 

そんな中、アメリカンカールキロロは、ダントツで甘えん坊だと感じます。

こんなにフランクに飼い主べったりの猫は初めてです(*’ω’*)。

 

キロロに関して言えば、アメリカンカールの特徴どおりでうれしい限りです(*’ω’*)!

 

アメリカンカールと飼い主との距離感

人間もペットも、関係値で大事なのは距離感です。

メジャー

距離感とは「物理≒精神」です(*’ω’*)。

 

ここがすり合わないと、一緒に生きるなかで「なんか違う」となってしまいます。

アメリカンカールのキロロの距離感は次のとおりです。

寝てると顔に乗る

猫から見た信頼度寝ている時の位置によると思っています(*’ω’*)。

キロロは、先住ねこがいるのにも関わらず、我が家にきた初日から顔の横で寝ていました。

いや、顔の上で寝ていました(*’ω’*)!

これは最強の信頼度です。

 

トラの敷物のようにダイノジになって、かおに覆いかぶさって寝てました。

猫ってどんなところでも寝れるんですね(*’ω’*)。

キロロ

 

▼猫の信頼度は人間との寝る位置でわかる

あわせて読みたい
ねこの添い寝
【ネコの添い寝=個性>信頼度】されると超絶うれしいネコの添い寝と添い寝場所は、ネコの個性と信頼度で決まるものなりねこ好きが至福の時を感じるものの中で、「ネコとの添い寝」というのはかなり上位にランクインしますよね!? またまたぁ(*'ω...

 

 

見下ろせば足元にいる

ねこ1

探すときに苦労はしません。

なぜなら、大抵は足元にいるからです。

立ってても座ってても寝てても、大抵は手の届くところにいます。

部屋を移動してもついてきます。

ストーニャーです(*’ω’*)!

 

 

頻繁に身体をすりつける

ねこ

ゴロゴロすりすりタイムが小まめにやってきます。

よくすりすりします。

寝てても顔中がすりすりされます。

シルキーな毛並みはこの時にも最高に気持ちいいご褒美です(*’ω’*)!

 

 

よく鳴きます

鳴き方にもいろいろありますが、飼い主を呼ぶように鳴きます。

ただし、アメリカンカールの性格でしょうか、しつこくないので、適当に返事してると満足してくれます。

返事しなくても、勝手に興味が違うものに移り、飼い主のリアクション必ずしも要求しません。

安楽です(*’ω’*)

 

アメリカンカールがおすすめな人・おすすめしない人

キロロを迎えて思う、アメリカンカールがおすすめな人おすすめしない人は次の通りです(*’ω’*)。

アメリカンカールをおすすめしたい人

  • 猫からの愛情表現がしっかり欲しいひと
  • 特徴的な外見にあまりこだわらないひと
  • 血統種特有の脆弱さが気になるひと
  • 沢山ねこにかまいたいひと
  • シルキーな毛並みが好きなひと
  • 突発的なちょっかいを楽しめるひと
  • 多頭飼い・子供と住んでいるひと

 

よめ
よめ
甘えたさん好き、ショートスパンでちょくちょく愛情注ぎたい・注がれたい人向き

 

アメリカンカールをおすすめしない人

  • たんぱくな関係が好きなひと
  • あまりかまってあげられないひと
  • ほとんどを1匹でお留守番させるひと
  • 激しい遊びを長時間やりたいひと
  • 鳴くのがうるさいと感じるひと

 

よめ
よめ
たんぱくやツンデレな愛情表現好きなひと、かまってちゃんがきらいなひとには向きません(*’ω’*)!

 

血統書付き個体の特徴と個体差

ぼくは妻と違い、ペットは血統書付きの個体を飼いたい派です。

ライセンス

 

なぜなら、血統書個体は良いものも悪いものも、特徴がある程度固定化されているからです。

個体によって個性が大きく変わることはありますが、大まかな特徴や性格はおおむね種のスタンダードな特徴と一致します。

 

子猫のときにもらってきて、育っていくにつれそりが合わなくなって生きていく・・・・なんて不幸を、血統書付きの子の場合だと、ある程度避けることができます。

 

 

子猫のときはかわいらしい外見と弱い力のおかげで、いたずらや噛み癖も気になりませんし、愛嬌で済みます。

でも、あっという間に育ちってくると、皮膚をかみ切るほどの租借力や頑丈な爪を手に入れ、人によっては害獣になるかもしれません(*’ω’*)!

逆に、撫でたくてしょうがないのに、撫でられるのがストレスに感じる子だと、禿げることだってあります(*’ω’*)。

 

今後10年以上付き合っていくパートナーですから、うまくやっていけそうな子がいいじゃないですか。

そのリスクを避ける方法のひとつが、血統書付きの個体を購入するという選択肢だと思っています(*’ω’*)!

 

ぼくくらい猫飼い歴が長いと、保護猫でもよいのですけどね。

初めての猫飼いさん(子猫)を考えている方は、血統書付きがおすすめですし、逆に保護された成猫なら、じっくりと性格を見極めてから飼えますから、子猫に拘らないなら成猫もおすすめです。

MIXの子猫は、どんな性格の仔でも受け入れる覚悟がないひとにはおすすめしません(*’ω’*)!

 

まとめ

人間好きさとおちゃめかわいらしい性格の猫を選ぶとしたら、ぼくの知る限りでは、アメリカンカールがダントツで当てはまります。

ねこ

 

飽きっぽいとはまた違う、あっさりとした好奇心興味の切り替えの早さは、いい意味でとってもです。

 

ぼくは人懐っこい猫は疲れる方でしたが、不思議とアメリカンカールの甘え方は好きです。

なんでだろう・・?と思っていましたが、甘え方があっさりしているからです。

ハート

いつまでも子供のままのピーターパンとはよく言ったものです(*’ω’*)。

超カワユスですよ。

 

 

ちなみに、同じ血統でも、より甘えたさんが欲しいひとは男の子の方がおすすめです。

まっちょ

猫の飼い方にも書かれていますが、我が家の猫を見てても、不思議と男の子の方が、人間に興味を持ってくれます。

 

よめ
よめ
ツンデレ好きなら女の子ですよ(*’ω’*)!

 

 

甘えたさん猫がご希望なら【アメリカンカール】という種、とってもおすすめです(*’ω’*)!

 

我が家のキロロは差し上げません。

子猫もできません(去勢済みです)。

 

以下・・・、いろんなキロロ(*’ω’*)!